昼は両国で観光!夜は江戸情緒を感じる屋形船で宴会

相撲で有名な両国国技館

両国という場所は、東京の大都市ならではのスタイリッシュさと、昔ながらの江戸情緒の両方が楽しめる観光地として、近年とても人気を集めています。そこでおすすめしたいのが、昼間は両国周辺で遊びつくして、そして夜は屋形船に乗って宴会をするという観光プランです。そのときに役立つ両国の遊びスポットをご紹介します!

両国といえば相撲

両国という地名を聞いて、だれもがまっさきにイメージするのは、やはり相撲ではないでしょうか。両国には、日本の国技である相撲を行う両国国技館があります。

旧国技館は、日本で初めてドーム型の鉄骨板張を用いた建物で、その屋根部分は法隆寺金堂をモチーフとし、当時から10,000人以上を収容できました。現在の国技館は相撲のほかにもさまざまなイベントが行える多目的ホールとなっています。

この両国国技館の1階部分にある相撲博物館もまた、国技としての相撲の歴史を語るうえで外せない施設だといえるでしょう。番付や化粧まわしといった相撲に関する資料の保存や展示を目的とし、常設展示ではなく年に6回の企画展示を行っているため、相撲ファンなら定期的に何度も訪れたいと思うような魅力があります。

相撲以外にも!両国の魅力

船上から眺める両国ジャンクション

もちろん、相撲に関する場所以外でも、両国には遊べるスポットがたくさんあります。両国の魅力的な場所をいくつか紹介していきましょう。

まず1つ目は、「江戸東京博物館」です。

その名のとおり、江戸から東京となるまでの歴史や文化を順にふり返ることができる博物館となっています。高床式の倉をイメージして作られた建物の中で、江戸文化が感じられる興味深い展示を見ることができます。特におすすめしたいのが、江戸の街並みを再現したジオラマです。備え付けの双眼鏡でのぞくと、江戸の町民一人ひとりの姿まで見ることができ、子どもたちも楽しく歴史を勉強することができると好評です。

そして、江戸時代の芸術に興味があるという方にぜひ訪れてほしい場所として、2016年にオープンした「すみだ北斎美術館」があります。

こちらの美術館は、世界的にも有名な葛飾北斎の作品の数々を、実際に見ることができる貴重な美術館です。例えば、だれでも教科書で1度は見たことはあるはずの「富嶽三十六景」といった名作も、間近で見られます。

そのほかにも両国はグルメスポットとしても有名で、場所柄さまざまなちゃんこ鍋を堪能することもできます。また、テレビでも幾度も紹介された甘味処も多く、和スイーツ好きにもたまらない場所です。

両国を楽しんだ後は屋形船で宴会

屋形船の船内の風景

昼間に両国の街を目いっぱい楽しんだら、夜は趣向を凝らして屋形船で宴会をしてみてはいかがでしょうか。祝良屋の屋形船では、参加人数や好みに応じたオリジナルの宴会クルージングプランをいくつも提供しています。ルートもいろいろ選べますが、両国の側を流れる隅田川は、屋形船で渡る絶好ポイントとしても有名で、昼間とは違った江戸情緒を川のうえから見物することができると好評です。

歴史的価値の高い多くの橋をくぐり抜けながら、ライトアップされた幻想的なスカイツリーを見られるのも、屋形船クルージングならではの楽しみといえるでしょう。

宴会といえば、おいしい料理やお酒は欠かせません。祝良屋では、和洋中から組み合わせ可能なビュッフェコースや、BBQなどの料理プランを取りそろえています。また、通常プランはすべてフリードリンク制にしているため、存分に飲むことができます。

さらに、いつもより豪華な宴会にしたいというご希望があれば、オプションで生ビールのランクアップや、寿司職人が乗船して目の前で本格的な江戸前寿司が食べられるオプションを利用することも可能です。

屋形船は1隻丸ごと貸切ることができるため、周囲の目を気にせず仲間内だけで大騒ぎができるというのも、祝良屋ならではの屋形船クルージングの魅力です。興味をお持ちになりましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください。

ご予約はこちら

お問い合わせはこちら