春の屋形船!お花見や歓送迎会で楽しい思い出をつくろう

河川沿いに咲き誇る桜並木

日本にとって春といえば、お花見や歓送迎会といったみんなで騒げるイベントが楽しみな季節でもあります。そのような春の一日を、優雅に屋形船に乗って過ごしてみませんか?祝良屋ならではの屋形船によるお花見クルーズや歓送迎会の楽しみ方について、その魅力に迫っていきます。

隅田川や大岡川でお花見クルーズ

東京や横浜には、有名なお花見スポットが数多くあります。そういった場所は毎年観光客も多く、混雑していてゆっくりお花見ができなかったというケースも少なくありません。

しかし祝良屋のお花見クルーズでしたら、混雑とは無縁に満開の桜を楽しむことができるのです。そこで今回は、お花見クルーズのなかでもおすすめしたい2つのプランを紹介しましょう。

まず1つ目は、東京の「隅田川北上お花見コース」です。

隅田川の両堤沿いは、毎年1キロメートルに渡っておよそ940本の桜が咲き乱れるという東京都内でも屈指のお花見ポイントになっています。そのような隅田川を北上しながら、心ゆくまでお花見が楽しめるのが、この「隅田川北上お花見コース」です。屋形船のなかには、2階部分が展望デッキになっている船もあるので、より近い場所でお花見をすることができます。途中にはスカイツリーがよく見える場所もあって、スカイツリーと桜のコラボレーションが楽しめます。絶好の写真撮影ポイントなので、ぜひたくさん写真を撮ってください♪

そして2つ目のコースとして、横浜の「大岡川コース」を紹介しましょう。

横浜近辺での桜の名所といえば、大岡川は外せません。およそ500本のソメイヨシノが作り出す桜のトンネルを、屋形船に乗って眺めることができます。夕方から夜にかけては桜がライトアップされているため、昼のお花見だけではなくナイトクルーズもおすすめです。

また、屋形船の発着桟橋を「みなとみらいぷかり桟橋」に指定すれば、みなとみらい周辺にある桜も楽しむことができて、より花見を堪能できます。

歓送迎会での利用もGOOD!

卓上に並べられた数々の料理

春といえば、学校の卒業・入学シーズン、そして会社に新入社員が入ってくる季節でもあります。新たなコミュニケーションを築き上げるために歓送迎会を催すことが多いですが、その会場として屋形船を利用してみてはいかがでしょうか。

祝良屋の屋形船は、1隻を丸ごと貸切することが可能となっています。これは参加者の一体感を高めることにもつながりますし、周囲の目を気にせずに仲間内だけで思い切り騒ぐこともできるというメリットもあります。

歓送迎会ではおいしい料理が必須ですが、祝良屋の屋形船クルーズでは和洋中組み合わせが自由なビュッフェスタイルが人気となっています。ビュッフェの場合、参加者が自由に料理を取りにいくことになり、その分いろいろな人と会話をする機会も増えます。

つまり、席が固定されてしまう通常の居酒屋での歓送迎会よりも、祝良屋の屋形船クルーズの方が、歓送迎会に適した食事スタイルだといえるでしょう。

 

船内での楽しみ方もいろいろ

射的ゲームで並ぶ数々の的

祝良屋の屋形船クルーズは、プランを自由に決められるため、船内での楽しみ方もいろいろです。例えば、歓送迎会の余興として、マジシャンやベリーダンサーなどをオプションで追加することで、さらに歓送迎会を盛り上げることができるでしょう。

もちろん、料理やデザート、ドリンクのランクアップやオプションの追加も豊富に取りそろえてあります。専任のコンシェルジュが参加人数や目的に応じて適したプランを提示しますので、歓送迎会の幹事を任された場合でも、安心して自分たちが納得できるクルージングプランを立てることができます。

お花見でも歓送迎会でも利用しやすい祝良屋の屋形船クルーズについて、興味をお持ちになりましたら、ぜひお気軽に問い合わせをしてみてください。

ご予約はこちら

お問い合わせはこちら