景色を見ながら歌おう!屋形船に乗るならカラオケで1曲!

河川上に係留された屋形船

屋形船に乗るのは、高級そうでハードルが高いと思われがちですが、最近では屋形船を使って気軽に行えるさまざまな楽しみ方があります。そのひとつが、屋形船で開くカラオケ大会です。女子会にもおすすめできる祝良屋(いわいや)の屋形船クルーズならではの、カラオケの楽しみ方について、紹介していきたいと思います。

カラオケが楽しめる屋形船

カラオケの歴史を簡単に振り返ると、1980年代半ばごろにカラオケボックスが誕生したことから、日本国内に爆発的に広まったといいます。その後は海外でも「KARAOKE」という言葉で通じるほど、世界的にもポピュラーな余興になりました。

祝良屋が提供している屋形船では、そのようなカラオケが手軽にできるように、器材が備え付けられています。また、船によっては映像や音響に関する設備も備えているので、まるでステージに立っているような気分で歌うことができるかもしれません。

2階展望デッキまで付いた純和風の屋形船である「華厳」は、船内のレイアウトを自由に組み替えることができるようになっており、4人掛けのテーブルを中央にまとめることで、船内全体に一体感を作り上げることが可能となっています。つまり、参加者同士でカラオケのマイクを回したり、全員で歌ったりといったことがしやすいため、その場をより盛り上げることができるでしょう。あるいは少人数に対応した屋形船である「ユメミヅキ」ですと、畳席とソファ席の両方があり、天井も高くなっているため、のんびりと歌いたいという方にピッタリです。

 

このように、祝良屋では、お客様がどのようなスタイルでカラオケを楽しみたいのかに合わせて屋形船をお選びいただけます。

カラオケボックスより開放的♪

テーブルに置かれたマイクとパーカッション

カラオケをするとなれば、カラオケボックスに行くという方が大半でしょう。確かにカラオケをすることだけに特化したカラオケボックスは、最新機器などの設備も充実しているため、歌いやすい環境が整っています。しかし、多くのカラオケボックスは、防音対策として部屋に窓がありません。そのため、長時間カラオケボックスにこもっていると、窮屈さを感じてしまうという方も多いのではないでしょうか。

その点、屋形船でのカラオケは、開放感が抜群です。周囲はだれもいない海や川の上なので、音漏れを気にすることなく好きなだけ大きな声で歌うことができます。また祝良屋の屋形船は、1隻を完全貸切することが可能なため、仲間内だけでめいっぱい盛り上がれるというメリットもあります。

 

そのような楽しいカラオケ大会をさらに盛り上げるものとして、おいしい料理やお酒も欠かせません。祝良屋では、片手で摘めるフィンガーフードコースや、シェフが乗船してサービスする本格的なビュッフェコースなど、数多くのメニューが用意されているのも特徴のひとつです。

移りゆく景色を見ながら1曲どうぞ!

飛び交うかもめと波打つ河川を走る屋形船

ここまでご紹介したように、宴会のひとつとして夜の屋形船で行うカラオケ大会も良いのですが、昼間の屋形船で歌ってみるのも良いかもしれません。

特におすすめしたいのが「隅田川北上コース」です。このコースでは、永代橋や清洲橋といった歴史的価値の高い橋をいくつもくぐり抜けて隅田川を北上することで、江戸情緒を感じることができます。また、隅田川の両堤で春に見られる合計900本以上の桜並木は圧巻の一言で、そのような移ろいゆく景色を眺めながら歌う1曲は、さぞかし格別な思いがすることでしょう。

これぞ江戸っ子といった粋さを体験したいという方は、祝良屋へぜひ一度お問い合わせください。専任のコンシェルジュがお客様の希望に合ったプランをご提案いたしますので、初めて屋形船に乗るという方でも気軽にお尋ねください。

ご予約はこちら

お問い合わせはこちら