Policy

プライバシーポリシー

第1条(個人情報保護の方針と取扱い)

祝良屋の運営会社である株式会社SPICE SERVE(以下「当社」とします)は、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレスのような、個人情報の管理に最大限の注意を払うとともに、その保護が企業としての重要な責務であると深く認識しております。
また、当社は責任を持ってお客様の個人情報を保護する為、個人情報に関する法令等を遵守するとともに、次の方針を掲げ、これを徹底し、継続的な改善を行ってまいります。

1.個人情報の収集

当社は、お客様に利用目的をお知らせし、ご了承をいただいた上で個人情報を収集し、お客様との契約の履行とより良いサービスの提供のために利用いたします。

2.個人情報の利用目的

個人情報を収集させていただく場合は、収集目的をあらかじめお知らせしたうえで、必要な範囲で個人情報を収集いたします。また、当サイト上のコンテンツやサービスを通じて取得した個人情報は、次の目的のために利用させていただきます。
・ 株式会社SPICE SERVEのサイト利便性を向上させるサービスおよびシステムの運営
・ 公告、メンテナンス、重要なお知らせなどのご案内
・ クルーズ企画や特典情報のご案内
・ アンケートの実施
・ 当社からの通信販売の場合の商品発送、代金決済
・ 商品・サービス等の研究開発、サービス向上マーケティング等に関する調査依頼・上記の運用に必要なご連絡
なお、お客様からの申し出があった場合は、ご本人様であることを確認のうえ、お客様の個人情報の修正・変更、利用停止をいたします。

3.個人情報の第三者への提供

お客様の個人情報は次の場合を除き第三者に提供することは一切ございません。
・お客様から事前に同意、承諾を得た場合。
・公的機関から法令に基づく照会を受けた場合。
・クレジットカード業務における事務を委託するために、個人情報の適正な取り扱いについての契約等締結した事務処理会社に必要最低限の情報を委託する場合。

4.個人情報の照会、訂正等

お客様から当社に登録している情報について、照会・訂正等の請求があった場合は誠実に対応します。なお、請求者がご本人であることを確認するため、適正な手段でお客様に本人確認をお願いいたします。

5.プライバシー規約・利用規約の改定

このプライバシー規約・利用規約は、法令等の要請や個人情報保護の一層の改善のため、事前の予告なく適宜、見直しや改定される場合が有ります。
最新の情報は、弊社ウェブサイト内に掲載されている内容となります。

第2条(当社のウェブサイトについて)

1.インターネット予約について

当社は、お客様がインターネット経由でお申し込み・お問合せされた段階で、当社の個人情報の保護に関する規定に同意していただけたものと判断いたします。

2.個人情報保護の範囲

当社のウェブサイトにリンクされている第三者のウェブサイトから得られるお客様の個人情報保護について、当社は責任を負いません。

3.クッキー(cookie)の使用について

弊社ウェブサイトでは、お客さまにより一層便利に当社ウェブサイトをご利用頂くため、また、閲覧履歴を採取するために「クッキー」を使用する場合があります。
「クッキー」はウェブサイトでお客さまのコンピューターを識別するためもので、「クッキー」を拒否されましても当社ウェブサイトをご利用頂けますが、
一部機能をご利用頂けない場合がございます。
なお、「クッキー」を拒否される場合には、ご使用のブラウザで設定することができます

第3条(個人を特定しない属性情報・行動履歴の取得及び利用について)

1.取得及び利用について

当ウェブサイトでは、広告配信事業者等の第三者が提供するプログラムを利用し、特定のサイトにおいて行動ターゲティング広告(サイト閲覧情報などをもとにユーザーの興味・関心にあわせて広告を配信する広告手法)や、サイト管理、アクセス状況の計測を行っています。
その際、ユーザーのサイト訪問履歴情報を採取するためCookieを使用しています(ただし、個人を特定・識別できるような情報は一切含まれておりません)。広告配信事業者等の第三者は当該Cookieを使用して当ウェブサイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告配信や、サイト管理、アクセス状況の計測を行っています。
この広告や計測の無効化を希望されるユーザーは広告配信事業者等の第三者のオプトアウトページにアクセスして、Cookie の使用を無効にできます。ブラウザの変更、Cookieの削除及び新しいPCへ変更等の場合には再度設定が必要となります。ユーザーは広告のオプトアウトページでGoogleのCookie を使用しないよう設定できます。
オプトアウトを行っていない場合、Google他、第三者配信事業者または広告ネットワークの Cookie も使用される可能性があります。

2.オプトアウトページ

Googleのオプトアウトページ:http://www.google.co.jp/policies/privacy/ads/

3.GDPR(EU一般データ保護規則)に規定された権利の行使について

EU加盟国各国に居住しGDPRの適用対象であるお客様が、GDPR上の権利を行使する際はお問合せ窓口(info@spice-serve.biz)にご連絡ください。また、適切に処理がなされなかった場合は、監督当局に対して不服を申し立てることができます。

 

ご利用規約・約款

株式会社SPICESERVE(以下,「当社」という。)は,「祝良屋」サービス(以下,「本クルーズサービス」という。)に関して,以下の事項をお約束するとともに,お客様にもお約束頂きたく,本約款(以下,「本約款」という。)をご提示させて頂きますので,内容を確認後,末尾にご署名ご捺印頂き,ご提出下さい。ご署名ご捺印頂いた場合,本約款が,当社とお客様との合意内容を正確に示す契約書(以下,「本契約」という。)として効力が生じますので,その点ご留意の上,ご確認ください。

◆第1条(本約款の目的)

本約款は,お客様の依頼に基づき,当社が本クルーズサービスとして必要な船舶を提供し,その他有料コンテンツを提供することにつき,お客様と当社との権利関係を定め,両者の利益,リスク等を平等に設定することを目的としております。また、本約款は幹事様以外のご同行の皆様にも内容をお伝え頂きご理解ご了承頂けているものとします。

◆第2条(本クルーズの提供)

1.当社は、お客様に対して、善良なる管理者の注意義務をもって本クルーズサービスを提供致します。

2.当社がお客様に対して提供する本クルーズサービスの内容は、その附属書面および別途両者の合意で決定致します。

3.当社は、お客様から依頼を受けたサービスの一部を、お客様の個別の許可なく自由に、第三者に業務委託できるものとします。

◆第3条(料金のお支払いその他の手続)

1.当社は,お客様からの問い合わせを受け,ヒアリングを経て,お見積もりをお客様に提示し,契約内容につき合意が成立した場合には,本約款につき,お客様からご署名ご捺印頂きます。

2.手付金の支払いについては,ご署名ご捺印頂いた第1項の本約款のご提出後,7日以内に料金予定額の30%以上の金額を当社指定の方法でお支払い頂きます。当該お支払いの時点で予約成立となります。ただし、クルーズ日が迫っている場合はこの期日の限りではなく、早急にお支払をいただく場合もございます。なお,お振り込みにてお支払い頂く場合には下記口座にお振り込み頂きます。振込手数料等はお客様に負担して頂きます。

記 三井住友銀行 恵比寿支店 普通口座 8656571 カ)スパイスサーブ

3.料金(手付金を払っている場合には残金)については,お客様は当社に対して,記載された料金予定額又はそこから当事者間の合意により変更された金額(手付金を払っている場合には残金)を,記載された支払期限までに,又は支払日に,記載の支払方法により支払います。なお,振込手数料その他支払いに要する費用はお客様に負担して頂きます。

4.お客様は当社が特別に了承した場合を除き,本クルーズサービス実施の4営業日前までに乗船人数(それに伴う料金等)その他サービス内容を確定しなければなりません。

◆第4条(お客様による任意解約)

1.お客様は,本クルーズサービス実施前に,本クルーズサービスを任意解約することができますが,その際は,以下のキャンセル料をお支払い頂きます。

取り消し日 キャンセル料
本予約成立~乗船31日前 クルーズ料金の10%
乗船30日前~8日前 クルーズ料金の20%
乗船7日前~4日前  クルーズ料金の30%
乗船3日前~2日前  クルーズ料金の50%
乗船前日  クルーズ料金の80%
乗船当日  クルーズ料金の100%

※クルーズ料金とは、飲食やオプション料金も含めた総額となります。
※花火大会など特別なイベントの際には、キャンセル料の規定が変更となる場合もございます。

2.お客様のご判断で,本契約の任意解約や本クルーズサービスの中止をするためには,たとえ悪天候その他やむを得ない理由であっても,第1項のキャンセル料が発生します。また,本予約後、事前に順延日を設定頂き当社側も了解している場合であってもキャンセル規定に則ったキャンセル料をお支払いただきます。ご了承いただいた上で順延の場合は、支払い済料金(手付金と残金)は返金とはならず、お預かりさせて頂き、別途キャンセル料を追加請求させていただきます。

◆第5条(当社による支払期限の変更,任意解約)

1.当社は,船舶管理会社との契約の問題その他の事情により,やむを得ず,お客様に対して,第3条第3項にかかわらず,その支払期限や支払日前に,料金(手付金を払っている場合には残金)の全部又は一部の支払いを求めることがあり,お客様がその支払いを拒絶した場合には,当社は,本契約を変更又は任意解約できるものとし,お客様はこれに異議を述べることはできません。もちろん,この場合,既にお支払い頂いている料金(手付金)がある場合には全額返金致します。

2.当社は,お客様に以下の事由が生じた場合,本契約を任意解約できるものとし,第4条のキャンセル料発生期間内の場合には,所定のキャンセル料もかかるものとします。①お客様またはその所属されている団体が法令、公序良俗等に反する恐れがあることが発覚した場合②お申込み代表者様の身分証明書の写しをご提出頂けなかった場合、その他お客様が本契約に違反した場合

◆第6条(運航中止,返金あり)

当社は,船舶の安全な運航のため,以下に定める事由に該当する場合には,本クルーズサービスの実施を中止,中断する場合がございます。当該サービスの中止,中断が決定した場合,当社は,速やかに代表者の方へ報告し,出来る限り迷惑のかからないように努めます。この場合は,当該サービスの実施の延期あるいは既に受領している料金の全額又は一部を返還致します。

①気象または海象の状況により予定どおりの船舶運航が著しく困難であり,また船舶の運航および停泊での本サービスの実施および海上・陸上の別船,別桟橋または別会場での実施に危険を及ぼす恐れがあると当社が判断した場合,また公的機関が船舶の運航中止の決定を下した場合

②天災,火災,海難,使用船舶の故障,その他やむを得ない事由が発生した場合

③官公庁の命令または,要求があった場合

④桟橋の混雑,周囲の船舶事故その他緊急事態の為,離岸,着岸に危険が伴う場合

⑤船舶が手配できていない,定員オーバー、その他予定どおりのサービス提供が著しく困難な場合

◆第7条(運航中止,返金なし)

当社は,以下に定める事由に該当する場合には,本クルーズサービスの実施を中止,中断する場合がございます。この場合は,既に受領している料金については一切返金せず,また中止,中断時点で料金全額の支払いが未了の場合,当該残額につきご請求させて頂きますので,ご了承下さい。

①お客様都合により本契約の大幅な変更が余儀なくされた場合

②お客様その他の乗客が危険回避のための船長・クルーの指示に従わない場合

③お客様が反社会的勢力等(暴力団員,右翼団体員,反社会的勢力その他これに準ずる者を意味する。)であること,または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っている場合

④お客様その他の乗客が第9条で定める禁止行為をした場合

◆第8条(船舶,発着時間,発着場所,航路等の変更,延期等)

1.第6条各号の事由により予定通りの運航が著しく困難となった場合,別の船での運航,別の発着場所からの運航,航路,時間の変更をさせて頂く場合がございます。その場合,発着場所が変わり,発着時間が後方にずれ込むこともございます。クルーズ時間はゆとりをもって設定頂き,同行の皆様にも周知徹底の上,予定クルーズ時間の後方の時間を十分確保し発着時間に備えて下さい。発着場所が変わった場合の現地への交通費はお客様に負担して頂きます。

2.第6条各号の事由により出航が著しく困難となった場合,それが判明し次第,延期順延日を相談の上設定させて頂く場合がございます。ただし,延期をすることで本クルーズサービスの利用目的が達成不可能となる場合(第1項による実施も不可能な場合)は,既にお支払い頂いた料金の全額を,中止日より1週間以内にご返金させて頂きます。同日開催が必須の場合,陸の会場での開催のご選択肢がございましたら,陸の会場提案・手配も可能な限り代行させて頂きます(確実に陸会場を確保できるわけではございません。)。

3.台風接近その他の気象条件により出航が危ぶまれる状態となった場合,基本的には,前日の20時までに実施可否を当社判断で下し,ご連絡させて頂きますが,事情により,当日早朝の実施判断とさせて頂く場合もございます。

◆第9条(お客様の禁止行為)

本クルーズサービスにおいては,以下に該当する行為を禁止致します。お客様が当該各行為をした場合には,当社としても,運行の強制的中止その他本契約及び法令,信義則等に基づき適宜対応させて頂きます。

①引火・発火の恐れのあるもの,危険物,悪臭の発生するもの,所持等が違法とされているもの等の持込み,使用等

②許可された場所以外での海上への飛び込み,海上への物の投げ込み等

③暴力,暴言等船内の平穏を害する恐れのある行為

④船内設備を著しい汚損,破損させる恐れのある行為

⑤酔って全裸になる等のわいせつ性を伴う行為

⑥各法令に反する行為、その他当社が利用者として不適切と判断する行為

◆第10条(留意事項)

1.周辺施設等への迷惑防止のため,当社機材及び持込機材に関わらず,音量には制限がございますので,こちらで指定した音量内でクルーズをお楽しみください。船舶のエンジン音などにより船内外に流れる音量には限りがございます。エンジン音の影響に対して当社では何ら責任は負いかねますので,その点ご了承下さい。

2.電車又はお車で発着場所までお越しいただく際,渋滞やダイヤの乱れなどの理由で,出航時間を遅らせることはできませんので,時間には余裕を持って,現地にお越しください。遅れて出航する場合も帰港時間は予定通りとさせて頂きます。また時間が延長した場合は,追加料金が発生する場合もございます。ただし,桟橋や船舶によっては,事前にご相談頂ければ出航時間を遅らせることや桟橋に再着岸、または桟橋に停泊させたまま遅刻の方をお待ちすることも可能ですのでご相談ください。

3.未成年者による喫煙・飲酒、自動車運転される方の飲酒はお控下さい。また、年齢確認のために身分証明書をご提示頂く場合がございます。

4.当社は,船舶運航,基本設備(トイレ,照明等),無料の運営サポート,有料コンテンツ等の提供を,自ら又は第三者への適切な委託により実施しますが,無料でご提供するサービスに関する不手際や,無料貸出し可能な付帯機械設備(マイク,音響映像,カラオケ機材等)の不調,およびお客様お持ち込みの各種機材との接続不調に関しては,一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。

5.お客様の故意または過失により船内機材又は船舶が破損した場合には,実費請求及び船体運航不能による収益機会損失分の賠償金等をご請求させて頂く場合があります。

◆第11条(お客様間の紛争処理)

1.本クルーズサービス実施中に発生したお客様間の事故,盗難その他の紛争については,当社の責めに帰すべき事由によるものを除き,当社は一切の責任を負いかねます。ただし,有料でクロークサービスを当社が提供する場合はこの限りではありません。安全,貴重品管理には十分に気をつけ,マナー,ルールを守るようにお願い致します。

2.本クルーズサービス実施中に発生したお客様と当社委託先又は委託先役職員との間の事故その他の紛争については,当社の責めに帰すべき事由によるものを除き,当社は一切の責任を負いかねます。当該委託先との間で解決してください。

◆第12条(クルージングサービス)

1.お客様が執り行う,婚礼関連全般,葬儀,接待,企業懇親会などの企画・進行・結果に関して,当社は原則として関与せず,当社の責めに帰すべき事由による場合を除き,一切の責任を負いません。

2.お客様満足向上目的での無償サービス(写真撮影&プレゼント,音響映像サポート等)に対して,当社では一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。

3.婚礼披露宴クルージングに対して,その責務ゆえ別途サービス費用が掛かります。またサービス費用を頂かない場合などは,実施時に起こった不測の事態に対して,当社では一切の責任を負いかねます。

4.BBQは基本お客様自身で焼いて頂く形式ですが、お疲れやご多忙の際、また時間関係上で準備と片づけ含めサポートさせて頂くこともあります。

◆第13条(反社会的勢力排除)

1.当社およびお客様は、相手方に対して、本契約が締結された日および将来にわたり、自己または自己と同時に本クルーズサービスを利用する者が次の各号に該当する者または団体(以下、「反社会的勢力」という。)に該当しないことを表明し、保証します。暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、政治活動、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等、反社会的勢力共生者

2.当社およびお客様は、合理的理由に基づき相手方が次の各号に該当すると判断した場合、何らの催告なしに本契約を解除することができます。

①反社会的勢力である場合、または反社会的勢力であった場合

②自らまたは第三者を利用して、相手方に対して以下の行為を行った場合
(ア)違法なあるいは相当性を欠く不当な要求
(イ)有形力の行使に限定しない示威行為などを含む暴力行為
(ウ)情報誌の購買など執拗に取引を強要する行為
(エ)被害者団体など属性の偽装による相手方への要求行為
(オ)その他「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」で禁止されている行為

③相手方に対して、自身が反社会的勢力である、または、関係者である旨を伝えるなどした場合3当社およびお客様は、前項により本契約を解除したことにより相手方に損害が生じたとしても、一切の損害賠償を負いません。

◆第14条(準拠法及び裁判管轄)

本契約の準拠法は日本法とし、本契約に関連して生じた紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。