夜桜をあたたかい場所から見るには!屋形船に乗ってお花見を開催!

ドリンクカウンターに置かれた桜の造花

日本の春を代表する花といえば、多くの方が桜を挙げることでしょう。うららかな春の日差しのなかでの桜見物も楽しいのですが、より幻想的な風景を味わいたいのでしたら、屋形船に乗りながらの夜桜見物がおすすめです。寒さを感じず快適に過ごせる祝良屋の屋形船クルージングについて紹介していきます。

春でもグッと冷え込む夜

春といえば、桜に限らずさまざまな樹木が息吹き始める時期であります。冬の間に着ていた重いコートを脱ぎ捨て、その陽射のあたたかさをめいっぱい感じられる季節ですね。しかしながら、昼間のあたたかさとは打って変わって、夜はグッと気温が落ち込みます。例えば、東京都の4月の平均気温は15度前後といわれており、最高気温ですと20度近くまで上がりますが、最低気温は11度前後と思ったよりも低くなっているのです。昼間があたたかい分、夜間は余計に寒く感じてしまいますね。

このような事情から、夜桜見物をするためには防寒対策が必須となってくるわけですが、できることならあまり面倒なことはしたくないですよね。そんな方にぴったりな夜桜見物が、祝良屋が提供する屋形船からの夜桜見物です。次の項目では、祝良屋ならではの屋形船の種類やサービスについて、その魅力を紹介していきたいと思います。

屋形船から見る夜桜は体も心もあたたまる

満開の桜がアーチのように咲き誇る小川

祝良屋で提供している屋形船は、1種類だけではありません。例えば日本の伝統芸能である歌舞伎をモチーフとした「ユメミヅキ」は、東京湾で唯一の小型屋形船となっています。また、2階展望デッキが完備された「華厳」は、畳敷きの室内を自由にレイアウトすることが可能で、定員数も40人と大人数なのが特徴です。

また、初めて屋形船に乗るという方のなかには、「海や川の上にある屋形船だから、乗っていても寒いのでは?」と不安に思われる方も多いのですが、その心配は無用です。というのも祝良屋の屋形船には、冷暖房が完備されているほか、船によってはジェットヒーターも搭載されています。ですので、乗船中は、通常の室内と同じような感覚で、あたたかく過ごすことができるでしょう。

あたたかい料理を食べながら夜桜観賞も可能!

ライトアップされたレインボーブリッジと屋形船

祝良屋の屋形船は少ない人数でも乗合で利用することが可能です。もちろん、貸切も可能ですので、カップルやご家族、あるいは会社の同僚や趣味のサークル仲間たちと、優雅な夜桜鑑賞会を開催してみてはいかがでしょうか?

そして、祝良屋の屋形船クルージングでは、夜桜見物で目の保養をしながら、おいしい料理に舌鼓を打つこともできるのです。例えば、和洋中の組み合わせが自由なビュッフェ料理は、前菜からデザートまでフルコースをお腹いっぱい食べることができます。また、夜桜鑑賞という和のテイストを料理でも味わいたいのでしたら、寿司職人が目の前で新鮮なネタを握ってくれる「江戸前握り職人乗船プラン」や「和食スタンダードプラン」がおすすめです。また、女子会で利用するという方には、1ランク上のフィンガーフードが楽しめるコースも、見た目のかわいらしさがSNS映えすると人気を博しています。

もちろん料理と一緒に楽しめるドリンクに関しても、豊富なオプションメニューを取りそろえています。注文できるカクテルの種類を増やしたり、乾杯用のシャンパンを用意するなど、女子会や祝いごとの席でも利用しやすくなっています。

このように、祝良屋の屋形船で楽しむ夜桜見物は、お腹も心もきっと満たされることでしょう。普通のお花見に飽きた方、まだ屋形船に乗ったことがないという方でも、お気軽にご相談ください!みなさまにお会いできる日を楽しみにしています。

ご予約はこちら

お問い合わせはこちら